MENU
やまだかつひこ野球資料館

【Blog再録:動画あり】球界No.1強運の星の下に生まれた新庄剛志が、クイズミリオネアで鉛筆転がし1,000万の伝説回 in2004。日ハムで干されてた山田勝彦さんもこっそりテレフォン要員で出演

【Blog再録:動画あり】球界No.1強運の星の下に生まれた新庄剛志が、クイズミリオネアで鉛筆転がし1,000万の伝説回 in2004。日ハムで干されてた山田勝彦さんもこっそりテレフォン要員で出演

こんにちは。

はにまる(@yamakatsuhogo)です。

お読みいただいてありがとうございます。

この記事は、旧ブログ「帰ってきた!山田勝彦保護指定区域」からの再録です。

もはや元阪神タイガースというより、元人類みたいな扱いになってきた新庄剛志さんa.k.a虎のプリンス。

最近またちょろっと日銭ギャラ稼ぎに日本に来てましたが~。

お元気そうでなにより。

ぜんぜん関係ないですけど、平成最後の年に(ほんとに関係ない)インターネット黎明期の2000年頃の新庄剛志さんの公式サイト見つけてしまって、あわわ…ってなりました。

この記事の途中に、そっとリンク貼っときますので、時代の風を感じてください。

君は新庄剛志(ミラクル)を見たか

噂には聞いていた、奇跡の男シンジョーの鉛筆ころがし1000万獲得動画。 久しぶりにYoutubeで上がっているのを発見しましたので、ご紹介。

虎のプリンス、新庄剛志~ スタジオでの応援には、虎の求道者こと坪井智哉。

そしてなんとテレフォン要員の日ハム選手のなかに。

センイチ親分にトレードで阪神放り出されてから、まったく活躍していない (まぁ阪神でも同じでしたけど…) 山田勝彦さんが、ガンちゃんこと岩本勉さん達と一緒に、ひっそり応援出演しています。

ライフライン(テレフォン)を使い切って最終、鉛筆に頼ったとwikiに書いてありますので。

ここに至るまでに、勝彦さんも少しはお役にたったとおもわれるのですが…。

残念ながら、動画では(最終問題で鉛筆ころがすシンジョーのシーンしか)見つかりませんでした。

2004年1月2日放送のフジテレビ『クイズ$ミリオネア』に解答者として出演。スタジオでの応援として坪井智哉、テレフォンブレーンとして山田勝彦・岩本勉・伊達昌司・木元邦之の同僚5名も出演した。自身で解答を考えるしかない状況となった後には、鉛筆(各面に選択肢を記入した)を転がして上となった面の選択肢を選ぶという方法をとり、全15問正解して賞金1000万円を獲得。この賞金を2004年分の札幌ドーム・個人広告看板設置費用の一部に使用した。 新庄剛志-wikipediaより

  というか、ウィキペディア読むだけで実在の人物とは思えないんですけど、この人…。

はにまるさん
はにまるさん
どんなに暗黒、暗黒いわれても新庄剛志のいた時代は楽しかったな

鉛筆転がして…。

まぁ、それで1000万もってくんだから。

本当にこの男は何をもってるのか判りませんね。

↓まぁ何するかも判らないお人でしたが。

ちなみに、この頃の勝彦さんの年俸は”3100万”という、プロ14年目にして微妙すぎる金額なんですが…。

新庄剛志さんは、鉛筆ころがしただけで勝彦さんの年俸の1/3を稼ぎ出すという…。

ホンマに神様は、なぜシンジョーばかりを愛したもうのか…。

新庄剛志旧公式サイト(2000年のアーカイブ) ※音声あり注意

ずんちゃっちゃ、ずんちゃっちゃ♪言うてる、2000年のインターネット…。

いかんせんflashなのでスマホで見れない方すいません…(PCでどうぞ)。

同期12800bpsのピーガーヒョロロロいうモデム使ってた、23時~のテレホーダイ世代(若い人、単語の意味わかりますか?)には懐かしすぎます。

当時、日ハム選手としてはまったく活躍してないどころか、どっぷり2軍だったはずの山田勝彦さん。

テレビ出演のお呼びがかかったのは、シンジョーと阪神時代からの盟友とゆーのももちろんありますが。

ちょっと茶髪でお若い現役時代のやまかつさんをお楽しみ下さい。

現役時代の勝彦さんてば、いつも刈り上げにしてるか、30過ぎて心機一転とか言いだしてボーズにするイメージしかないので。

この時の前髪ながい勝彦さんは、若い頃以来ですね。

これはなかなか貴重ですよっ。

ていうかトータル7秒くらいしか映ってないけど…。

1,000万のために、いっしょうけんめい祈ってる勝彦さんが可愛いので許します。

最後までお読みいただきありがとうございました。

はにまる

こちらの記事もおすすめ!