ダメ虎資料館

【Blog再録】現実から遠くのがれて…下柳剛さんが何かと話題の沢田研二を完コピ!ジュリーに成りきって熱唱する往年の「プロ野球歌合戦」動画

【Blog再録】現実から遠くのがれて…下柳剛さんが何かと話題の沢田研二を完コピ!ジュリーに成りきって熱唱する往年の「プロ野球歌合戦」動画

こんにちは。はにまる(@yamakatsuhogoです。 お読みいただいてありがとうございます。

さてさて、最近何かとおさわがせの、ジュリーこと沢田研二さん。

今の若い方には、ただのワガママおじーちゃんでしょうけど。

年寄りのはにまるにとっては、子供のころの超・妖しい美形のアーティストでございました。

(さすがにザ・タイガース時代は知りませんが、ソロ活動で人気絶頂のころだったので) 容姿は年齢と共に変化しますけど、この声がいいんですよね…。

とにかく沢田研二が何をしても話題になる時代というのが、たしかにあったわけです。

角川映画全盛期だと、「魔界転生」とかね…。

天草四郎「転生したら沢田研二だった件」

Amazon primevideo魔界転生(1981年)

歌手として、俳優として。

そのファッション、天性のスター性。

すべてが「ジュリー」という一つの文化であった時代があり…。

たいへん残酷ながら。日本史的には原城でヒーヒーがんばった天草四郎さんよりも。沢田研二さんがジパング全体に及ぼした影響のほうが大きいと思われます…。

はにまるさん
はにまるさん
ごめんね四郎

と、ついつい美形好みのわたくしは、今更若き日のジュリーの魅力を熱く語ってしまうんですけど。

以前のブログで、懐かしの「プロ野球歌合戦」動画を取り上げたことがありまして。

それがたまたま、レジェンドOBの下柳さんのジュリー熱唱動画だったので、タイムリー(何の?)かと思い、再録してみることにしました。

まぁ、プライベートではあれだけ、ヤノカネさんたちと仲良しだった下柳さん。 なぜか、頑なに金本政権からの投手コーチを固辞してたなーと。 その段階で、なにか暗雲は漂っていたような気が、いまさらする私ではあります。

友情とビジネスは、きっちり見極めて、ピシッと線引きできちゃう下柳さん。

…けっこう侮れないお方だな、と思っております。

以下、旧ブログ「帰ってきた!山田勝彦保護指定区域」からの再録記事です。

時の過ぎゆくままに(金本からヤノへ)

さてここからは。

お気に入りの懐かし系youtube動画をご紹介。

若き日の下柳剛さんが、福岡ダイエーホークス時代に出演していたプロ野球歌合戦より。

沢田研二の「時の過ぎゆくままに」を熱唱するシモさん動画です。

本当は、勝彦さんが、新庄さん&亀山さんと一緒に出演した回の歌合戦動画を探してたんですけど見つからないんですよねー。

1回戦せっかく勝ったのに。

2回戦でアホの新庄が上半身裸にGジャン姿でバラード独唱して負けたという…(見つけた人は教えてください)

さて前奏〜♫

ジュリーに扮した下柳さん決まってるぅ。

緊張してるのか、出だしだけちょっと音程ありゃりゃですが…

うまッ!

余りに上手すぎて口パクかと思ったんですけど、本当に歌ってますよスゴイわコレ。

おちてぇーいくのもぉー幸せーだよとぉ〜♫

気持ち良く歌い切って、ニヤリとするシモさん。

この手描き字幕がいかにも90年代で懐かしいなぁ…

元ネタはこちら(youtube)

↓動画

いくらネタないにしても、在阪スポーツ紙のトップが「大山、(濱中コーチの指導で)フルスイングや!」とか…。

さすがにタイガースさん話題なさすぎでしょ…

別に現実逃避したいわけじゃないんですけど、リアルが勝手に逃避していくんです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

はにまる