キャンプ見学のウラ技

※2020年沖縄キャンプ【阪神タイガース】選手宿泊先ホテルへ泊まってきたよ:現地口コミレポその① ホテルチェックイン&有料駐車場・アクセス篇【ロイヤルホテル沖縄残波岬 宿泊記】

※2020年向け【沖縄キャンプ・阪神タイガース選手宿泊先ホテル】へ泊まってきたよ:現地口コミレポその① ホテルチェックイン&有料駐車場・アクセス篇【ロイヤルホテル沖縄残波岬 宿泊記】

2019年4月に、阪神タイガースの春季キャンプ・選手宿泊ホテルである「ロイヤルホテル沖縄残波岬」に行ってきましたので、あくまで阪神ファン目線で、ホテルチェックイン&有料駐車場・アクセスについてまとめました。

わーい、青い空。

こちら、タイガース春季キャンプの見学ツアーでもよく利用されるホテルですが。阪神ファン目線でのホテル口コミ情報が見つけられなかったので…。

せっかく泊まってきましたので、できるだけ詳しくレポしていきたいと思います。

ロイヤルホテル沖縄残波岬とは

阪神タイガースの春季キャンプにおける、選手宿泊ホテルである、「ロイヤルホテル沖縄残波岬」。

沖縄本島の中部エリアに位置する、大型リゾートホテルです。

残波岬のみどころは、もちろん紺碧・オキナワンブルーの美しい海!そして、沖縄有数の”夕陽スポット”として人気が高い景勝地でもあります。

また、我らが阪神タイガースの春季キャンプ地である、宜野座村営野球場へも車で約30分でアクセスできるのが魅力ですし。

なんといっても、タイガースの選手と同じホテルですから。

男性のお客さんは、1階の大浴場で選手と一緒になったりするタイミングもあるとか…(うらやましい)。

春季キャンプ中に宿泊すれば、フロントロビーや売店、エレベーターなどで、間近に選手を目撃できてしまう(かも)という、他のホテルにはないメリットがあります。

山田勝彦さんも1軍コーチ時代にお泊まりされていますので。

よく訓練された勝彦民としては、いちおう聖地巡礼として売店にある”アイスクリーム陳列棚”を撮影してみました。

ホテルへのアクセス

  • 住所:〒904-0394 沖縄県中頭郡読谷村字宇座1575
  • アクセス:那覇空港から車で60分、空港リムジンバスで90分(1,500円/名)
  • 電話番号:098-958-5000 
  • チェックイン:14時
  • チェックアウト:11時
  • 公式サイト:ロイヤルホテル沖縄残波岬

客室は465部屋。

沖縄エリアのホテルには珍しく、広い大浴場と露天の岩風呂があります。

https://www.daiwaresort.jp/okinawa/hotsprings/index.html

ルーキー時代のしんたろさんが、小豆畑さんと裸でマスコミ対応させられた露天風呂ですね…

(露天風呂、意外とこじんまりしてて、こんなところでルーキーが裸で長時間!大変!といまさら思いました)

ホテル敷地も広く、近隣ビーチだけでなくガーデンプール、テニスコートもあり、サマーシーズンのリゾートとしてホテル内だけでも充分に楽しめそう。

敷地内にはガーデンチャペルもあって、インスタ映え~なお写真を気取ってみました。

また老舗のホテルとしては珍しく、ウェルカムベビーのお宿としての認証も取っていて、小さいお子さん連れのお客さま対応も充実。

朝食バイキング会場には、ベビーフードの用意があったり。

売店の乳幼児アイテム(ミルク・オムツも小分けで各種あった)もかなり充実してましたしね。

あとは、大浴場にも入浴用のベビーチェアが複数用意されていたのが、なかなかポイント高かったですね。

ホテル予約

今回は、オンライン旅行サイト:一休.comの直前割を利用して2019年4月に宿泊しました。

1泊朝食付き、2名1部屋での予約です。

お部屋は一番安い設定で、「海の見えるスタンダード(ツイン)」

  • 洋室スタンダードルーム(4~7階フロア)
https://www.daiwaresort.jp/okinawa/rooms/
https://www.daiwaresort.jp/okinawa/rooms/
  • フロア 4~7階
  • 広さ 35平米
  • 定員 4名
  • 設備
    ユニットバス/温水洗浄トイレ/冷蔵庫(空)/テレビ/冷暖房/金庫/衛星放送/電気ポット/寝具(羽毛布団)/ドライヤー
  • アメニティ
    ルームウェア/スリッパ/フェイスタオル/バスタオル/歯ブラシ/ひげ剃り/化粧コットン/シャンプー・コンディショナー・ボディソープ/綿棒/お茶(ティーバッグ)無料

お値段のほうは、レストランでの和洋バイキング朝食(通常2,000円/名)が付いて、

大人2名で合計10,800円でした。

4月の平日宿泊ということもあり、かなりオトクに申し込みすることが出来たかなと。

はにとらちゃん
はにとらちゃん
ほんとは沖縄キャンプのときに来たかったっ…

まぁ結局、行きたいよ計画記事ばっかり書いていけなかったんですけど…。

阪神タイガースの春季キャンプ時期である”2月の宿泊予約”の最安値攻略法については、過去に記事にしていますので、参考にしてみてください↓

ロイヤルホテル沖縄残波岬へのアクセス

ロイヤルホテル沖縄残波岬は、沖縄本島中部、読谷村(よみたんそん)にあるリゾートホテルです。

私はレンタカーを借りてホテルに向かいましたが、那覇空港からは距離にして40キロ、1時間とすこしの道のりでした。

空港リムジンバス(事前予約制)を利用する場合は、リムジンバスBエリア=約90分(大人・片道1,500円)となっています。

ホテル正面玄関の横に、空港リムジンバスの停留場がありました。

  • リムジンバスの予約は、インターネット、国内線ターミナル「空港リムジンバス案内センター」、「ホテル内レジャーデスク」で可能。
  • リムジンバスBエリア=約90分(大人・片道1,500円/小人・片道750円)

空港リムジンバスの予約については、”発車オーライネット”という予約専用サイトからの申し込みが便利です。

ただ、リムジンバスでホテルに到着したあと、沖縄春季キャンプ地である宜野座村営野球場までは約30キロの道のりなので。

キャンプ見学をする際に、この間のアクセスをどう考えるかですね。

慣れている方は、ホテル ルートイン名護や、オキナワ マリオット リゾート & スパなどの、キャンプ場により近い、名護市エリアに宿を取るのかな…というお話なので。

滞在日数や、沖縄での移動手段によって、このあたり検討事項だとは思います。

ホテル宿泊者向けレンタカープラン

オリックスレンタカーが、ホテル宿泊者向けの特別プランを提供しているチラシがホテルにありました。

オリックスレンタカーの恩納店のチラシなので、ホテルに配車してもらい、キャンプ見学の往復に短時間利用ということも出来そうです。

2月の沖縄はオフシーズンですから、レンタカーを借りるなら那覇空港から借りたほうが便利だと思いますが、まぁこういう選択肢もあるということでご紹介。

チェックイン

ロイヤルホテル沖縄のチェックイン・チェックアウト時間です。

チェックイン 午後14:00

チェックアウト 午前11:00

箱は大きいホテルですが、フロント周辺にポーターさんはいらっしゃらなかったので。

チェックイン後は自分でゴロゴロと、荷物を部屋まで運びます。

鍵はカードではなく、部屋番号がキーホルダーに付いているタイプのもの。

大小2つにわけられるので、2人でそれぞれ持つことができます。

沢山の胡蝶蘭がお出迎え。

施設としてはかなり古いので、インテリアやロビーの雰囲気は平成初期の面影を残していますが。

館内はよくお手入れされていましたので、特に気になることはありませんでした。

館内エレベーターの裏側が水槽になっていて、ナゾに豪華でした。

駐車料金

今回、はじめて知ったんですけど。

こちらのホテル、宿泊者も駐車料金が別途必要でした。

チェックインの際に、駐車場ゲートで取った駐車券をそのまま保管し、チェックアウト前に各自で精算機処理をするというシステムになっています。

駐車可能台数は540台、利用は先着順となっています。

駐車料金(宿泊者)

  • 1日1台につき 500円
  • 2連泊の場合 1,000円
  • 3連泊以上 一律1,500円

事前精算機で、宿泊手続きを完了させておくことによって、チェックアウト日の24時までは、何度でも車両の入出場が出来ます。

ホテルへの荷物事前発送

今回は1泊2日で、ホテルに滞在する時間も短かったのでしませんでしたが。

キャンプなどで数日滞在するのであれば、事前にホテルに荷物を送っておいたほうがいいかもしれないですね。

ロイヤルホテル沖縄残波岬では、事前に発送した宿泊客の荷物をクロークで預かってくれます。

ロイヤルホテル沖縄残波岬 

  • 住所〒904-0394 沖縄県中頭郡読谷村字宇座1575
  • 電話番号:098-958-5000  

日程には余裕をもって。(本州からは2~3日前に送るくらい)

荷物を送る場合は、荷札備考欄に「○月○日宿泊予定、××(予約者フルネーム)」と明記して、ホテルのクローク宛に(当然ですけど元払いで)発送してしまいましょう。

ただし何かトラブルがあったとき、旅行中でも連絡がとれるよう、発送者の連絡先を自分のケイタイ電話にしておくのを忘れずに。

はにとらちゃん
はにとらちゃん
次回は、ホテルのお部屋を紹介していきますね~

沖縄キャンプ2020年スケジュール(予想)

2020年春季宜野座キャンプの日程を、過去の休日パターンから予想してみました。

番外編:はにまるの沖縄旅行記

2019年4月に超・思いつきで行ってきました、1泊2日弾丸オキナワ旅行記(ロイヤルホテル沖縄残波岬に宿泊)です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

はにまる(@yamakatsuhogo

こちらの記事もおすすめ!